太田市の外壁塗装なら株式会社金子塗装におまかせください。

インフォメーション

外壁塗装の作業工程を紹介

外壁塗装をご検討中の方で、「どのくらいの日数がかかるの?」「どんな工程なの?」などの疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

実は外壁塗装の工程は10つ以上に分けられており、塗装が乾く時間を待つ場合もあるため、1日で一気に進めることが難しい場合もございます。

この記事では、実際にどんな作業工程を経て、外壁が塗り替わっていくのかを解説していきます。

1.工期

まず、外壁塗装にどれくらいの時間・日数がかかるのかです。

天候にも左右されますが、およそ10日~14日間程度の場合が多いです。塗料の乾燥時間があるので、次々に工程を進めることができない場合があります。

逆を言えば、工期を短く済ます業者には注意が必要で、しっかりとした乾燥時間を守らなかったり、手抜き工事だったりすると、後々絶対に後悔します。

2.各工程

(1)着工前挨拶

まずは、ご近所様への挨拶です。外構工事を行う場合、騒音・異臭・人の出入りなどでご近所の方に少なからずご迷惑をおかけしてしまうことがあります。

もちろん、金子塗装では細心の注意を払い作業を行いますが、トラブルにならないようしっかりとご挨拶を行います。

(2)足場組み立て

いよいよ工事が始まると、まずは足場を設置します。

足場とは、職人が高い場所で塗装するための作業スペースのことです。

(3)高圧洗浄

次に、高圧洗浄という作業があります。

塗装をする前に、外壁に付いている汚れ、コケ、カビなどを落とします。

(4)養生

高圧洗浄で汚れが落ちた後は、養生です。

養生とは、塗料が付いてはまずい箇所をビニールなどで保護することです。

(5)下塗り

養生の作業が終わった後は、下塗りです。

下塗りとは、外壁面を均一にする効果やこの後の塗装時に外壁面との密着度が上がる効果があります。

(6)中間検査

中間検査では、ここまでの工程に不備がないかなどをしっかり確認していきます。

(7)中塗り

中塗りは、外壁に色を付けていきます。

中塗りと上塗りは同じ塗料を使用、要は2回に分けて塗ります。そうすることで、膜厚を付けることができます。

(8)上塗り

これで最後の塗装、上塗りです。

お家をしっかりと守るため、中塗りがしっかりと乾燥してから行い、厚みのある塗膜を形成します。

(9)完了検査

最後に完了検査を行います。

塗り残しがないか?塗装がはみ出てしまっている場所はないか?などを細かくチェックしていきます。

(10)足場解体

塗装で綺麗になった外壁に傷を付けないように、丁寧に外していきます。

(11)完工挨拶

お家の引き渡しを行い、

近隣の方に工事が終わった旨をお伝えして完了です。

3.まとめ

外壁塗装工事の流れが、すこし分かっていただけると幸いです。

外壁塗装はメンテナンスとして必ず必要です。

太田市で外壁塗装なら30年以上の信頼と実績、株式会社金子塗装にご用命ください。

TEL:0276-26-1277

無料見積フォームはこちら>>